重圧や責任感の割に給料が安いと思う。

体力的にもきついし、一人で何人もの要介護者の面倒を見るというイメージもある。
若くないとできない仕事というイメージもある。
保育園も一人で何人もの乳幼児の面倒を見るというイメージがあり、自由に動き回る乳幼児の面倒を見るという責任は重圧があるというイメージがある。
介護が必要な高齢者の中には認知機能が低下している方もいるので、暴言を吐かれないか心配です。
自分より体重のある人を入浴や介護の際に抱っこして、腰痛にならないか心配です。
資格を取るには時間もお金もかかるし、簡単に取れる仕事ではないというイメージがある。
国家資格は取得までに時間がかかるし、たくさん勉強しないと合格できないイメージがある。
知識だけでは難しいので経験が必要な仕事であり、一人前になるには時間がかかりそうなイメージがある。
資格を取るのに、時間や労力、お金がかかるイメージがある。
仕事ではいつも緊張して無理をしているイメージがある。
重圧や責任感の割に給料が安いと思う。
長く働いても、時給換算すると安月給になってしまうと思います。
また、非正規社員が多く、その身分があまり保障されていないように思います。
正社員になるには、経験年数や国家資格などが必要なイメージがあります。
正社員になる前に、体力的・精神的にきつくて辞めてしまう人も多いと思います。
また、資格を持っていても、割に合わないからと引き受けない人も多いのではないでしょうか。
保育園の待機児童問題がありますが、こうした有資格者がより魅力的な賃金で働くことができれば、人手不足は解消されるのではないでしょうか。
また、高齢化が進み、慢性的な人手不足であることに加え、一人で介護をしなければならない人が増え、体力的にも厳しくなってきています。
ソーシャルワーカー辞めたいと思ってしまいがちですよね、とほほ。