算数が苦手なお子さんはできるだけ早い学年で克服しておきたいところ

小学校の算数には「数と計算」「図形」「比率や測定」など、おおよそ3つの単元があります。中学高校の数学も同様なのですが、算数も単元を深めて学べないところに苦手の根源があるような気がするのです。たとえば小学校だと、1学期が数と計算、2学期に図形、3学期に比率や測定といった順番に単元を横に進んでいくのが学校の授業の進め方になります。
もし小学校2年生の1学期の段階で数と計算に躓いた場合、次に数と計算をするのは3年生の1学期ということになります。1年前の単元で躓いているにもかかわらず、1年後には学習範囲がさらに進むので、子どもの理解も追いつくはずがありません。そうなると学校以外での勉強が大切になってくる訳です。
考えられる手段としては、塾・家庭教師・通信教育があります。算数の勉強が遅れている子どもの場合、競争意識のある雰囲気での学習はぶっちゃけ不向きです。いくら個別指導が売りだからといっても、実際には2~3人程度の面倒を見るのが塾のデフォルトですよね。あまりにも算数の勉強が遅れている場合は入塾試験で落とされる可能性もあるので、子どもが自信を喪失してしまうケースもあります。
算数の遅れを取り戻すに最もおすすめなのは家庭教師。こちらは先生と1対1のマンツーマン指導なので、お子さんの苦手なところを徹底的に復習できます。ただ家庭教師にもデメリットはあります。それは月謝が塾よりも高額になることと、子どもとの相性が悪い先生に当たると、勉強するやる気すら失ってしまうことです。
実際に先生との相性が合うかどうかはやってみないとわからない不透明感が嫌な方は、次の通信教育を検討してみるといいでしょう。今は通信教育であっても学年の勉強とは関係なく、子どもの苦手なところから始められるオンラインの通信教育教材もあります。しかも算数に特化したタブレット型のオンライン教材もあります。もし気になる算数教材があれば、資料請求や無料体験入会してみると、授業や教材の質がさらにわかります。
詳しい記事はこちら⇒通信教育 小学生 算数
おすすめのRISU算数、スタディサプリ、すすらの共通点は無学年式に学習できること。後戻りや先取り学習が自由に行えるので、苦手の克服だけではなく得意を伸ばす目的でも算数を進めていけます。通信教育は塾や家庭教師に比べれば月謝は圧倒的に安いですが、親が勉強を見てあげたり、そばで見守ってあげたりの手間がかかるのがデメリット。いずれの手段を選ぶにしろ、算数は中学・高校と続いていく唯一の積み上げ式の科目です。算数が苦手なお子さんはできるだけ早い学年で克服しておきたいところです。