社内SEに後悔する人の特徴と仕事探し

・社内SEに後悔する人の特徴とは?
・向いてないならどんなキャリアを社内SEはえがくべき?

情シスとも呼ばれる、管理部門配属のエンジニア「社内SE」
エンジニア職のなかでもワークライフバランスが取りやすいと人気の職種です。

そんな社内SEに後悔する?人の特徴とは。
結論からいえば、開発案件に携わりたい人が後悔します。

参考:社内SEに後悔する人の特徴5選とおすすめの転職先【ブラック・つまらない】

良くも悪くも、社内SEはプログラムしません。
役目は、ベンダーと社内の調整役であって、潤滑油のような役割を果たします。

なので、詳しい開発、言語、プログラミングは不要。
最低限の理解と把握があればできる仕事なので、エンジニア志望にとっては物足りなさがあります。

そんな社内SEに後悔する人のキャリアプランは以下の通りです。

・Webエンジニア
・機械学習エンジニア
・SIer
・フリーランスエンジニア

事業会社としてのエンジニアやシステムベンダーのSIer。
そして、フリーランスになるのもありで、その幅は非常に多岐にわたります。

今まさに、社内SEからキャリアを変更したい方は、ぜひ参考にしてみてください!