生命保険の必要性について

生命保険は加入者が死亡した際に、遺族に対して保険金が支払われる仕組みです。
そのため、加入者が死亡することで経済的に大きなダメージを負う遺族がいることが大前提です。
たとえば社会人になりたての独身で、金銭的に親族の面倒をみていない方などであれば加入は不要です。
また、子が独立した夫婦などについても基本的は死亡時のリスクは貯金で備えることが基本であり、保険で備えるのはコストパフォーマンスが低いです。
子供が独立した後も同じ保険に入り続けるのは保険料が過大になっている可能性かあります。
加入が必要な人の代表例としては小さな子供をもつ親です。
子供が小さい世帯は貯蓄も貯まっていないことが多いので、死亡時に子が独立するまでの貯金がない場合には加入を検討する必要があります。
それでも常に同額が必要というわけではなく、子供が成長するにつれて必要な金額も低くなるので、定期的な見直しをしないと過大な保険料を支払いつづけることになります。
生命保険には保険料が自動的に低減する収入保障型の保険がありますので、子供の生活費が確保できるまではこちらの保険でカバーすることが合理的だと考えます。
生命保険は非常に高価な買い物ですので、加入する際には内容を理解し、十分に検討をしてから加入しないと、大きな出費となります。
保険見直しラボ プレゼント