歯のホワイトニング効果を上げるには普段の歯磨きを見直し、歯磨き時間と磨き方を工夫する

“普段の歯磨きを少し見直すだけで、歯のホワイトニング効果をアップさせてくれます。
では、どういった磨き方をすることで歯のホワイトニングにつなげてくれるのかと言うと、まずは「磨く時間」です。
食べてすぐ後に歯を磨きたくなりがちですが、食後すぐの歯みがきは口の中が酸性の状態となっているので、
歯の深い部分に酸が浸透してしまい、歯を黄色くしたりなど着色汚れにもつなげてしまいます。
そこで、食後すぐに歯磨きをするのではなく、30分は時間を置いて歯磨きを行うようにします。
30分時間を置くことで、口の中が酸性の状態から徐々に変化していくので、このタイミングで歯磨きを行うことで
酸が浸透してしまうことを防ぎ、歯を綺麗な状態により保ちやすくしてくれます。
磨く時間も大切なのですが、磨き方を見直すことも歯のホワイトニング効果アップにつなげてくれます。
磨き方は中指と薬指で歯ブラシを持って、小刻みにゆっくり磨くことです。
勢いに任せてガシガシ磨いてしまうと歯のエナメル部分を傷つけて、ホワイトニング効果を得られにくくしてしまいます。
小刻みにゆっくりと磨くことで、余計な力が入らないので歯磨きによって歯を傷付けるリスクを減らし、
綺麗な歯を維持することにつなげてくれます。
磨く時間と磨き方を見直し、それを継続することで
歯の状態が以前より健康になり、明るく白くなったのを実感できるようになりました。
歯磨きだけでは落としきれない汚れは口臭の原因にもなるのでマウスウォッシュも併用するとより効果的のようです。口臭の原因を死滅させる医薬部外品のマウスウォッシュでhttps://cwill.main.jp/dtkindel/。殺菌効果と抗炎症作用が期待できると解説されていました。
他社のマウスウォッシュと比べても汚れが視覚的にも汚れが見えるというのです。
使い方も簡単そうなので合わせて使ってみたいマウスウォッシュでした。