少女時代のカルチャーショック

私は生まれて一度も母のわき毛を見たことがありません。そしてわき毛処理をしているところも。自分が物心ついた時から女性にはわき毛が生えないものだと思っていました。それが小学低学年だったある日、友だち宅で初めてそのお母さんのわき毛ボウボウを見てしまったのです。ビックリして言葉に出し不思議そうな顔の私に友だちのお母さんは教えてくれたのです。「女の人にも生えるんよ、あなたのママはマメに剃っているのよ」と。かなりのショックだったと思います。それから成長し中学生の頃には安いカミソリで足の毛を剃って傷だらけになったり、「濃くなるよ」と言われ後悔してた日々もありました。当時の雑誌広告で「わきの永久脱毛」をよく目にする20歳前。そのために貯金することもふと考えていたと思う。それがあたしのワキには全く生えてくることもなく見つけてもほんの産毛程度で2,3回カミソリを振る程度。周囲には羨ましがられ生活してました。中には「へんなの!!」と言った人もいました。どうせ剃らなきゃならないものだから生えないに越したことはない、と誇れる雄一の自慢になっていました。妹は普通にあるそうで姉妹でも違いがあるんだぁ、とも知りました。
haab 脱毛 キャンペーン