ロゼッタストーンというのは…。

Youtubeなどの動画や、WEB上の翻訳サービスとかSNSなどの活用により、日本でも全く簡単に『英語シャワー』を浴び続ける環境が形成できるし、ものすごく便利に英語を学習することができます。英語で会話するには、とにかくグラマーやワードを学習することが重要だと思われるが、特に英会話のための目的を正しく設定し、なにげなく作り上げているメンタルブロックを除去することが肝要なのです。使い方や色々な状況による主題に合わせた対談形式により英語での対話能力を、英語のニュース放送や歌、童話など多様なテキストを駆使することでヒアリング能力を会得します。「英語圏の国に長期旅行する」とか「英語を母国語とする知人を作る」とか「英語圏の映画や、英語圏のミュージックや外国語のニュースを聴く」等々の方法がありますが、とりあえず最初に単語自体を2000個くらい覚えることです。自分の経験では、リーディングの訓練を多く実施してバラエティーに富んだ表現を貯めこんできたから、それ以外の他の3技能(リスニング・ライティング・スピーキング)は、別個によくあるテキストを何冊かやるのみで十分でした。ユーチューブ等には、学習する為に英語学校の教師や少人数の集団、英語を話す一般の人たちが、英語を勉強している人のための英語の学課的な役に立つ動画を大量に見せてくれています。多くの事を暗記していれば間に合わせはできても、時間が経過しても英文法自体は身に付かない。むしろ自ずと認識して全体を組み立てられる英語力を身につけることがとても重要なのです。話題となっている「30日間英語脳育成プログラム」は、聞いた会話を声に出して反復して覚えます。そのようにしてみると、聴き取り能力が格段に発達するという学習法なのです。人気のあるニコニコ動画では、勉強用の英語会話の動画以外にも、日本語の単語や語句、恒常的に用いる一口コメントを英語だとどんな表現になるのかを集めた動画などがあります。『英語が存分に話せる』とは、脳裏をよぎった事が直ちに英語音声に置き換えられる事を言い、話したことに応じて、自由自在に自分を表現できることを表わしています。英語で話しているとき、耳にしたことがない単語が入る事がしょっちゅうあります。そういう時に大切なのが、会話の前後から大体こんな中身かなと推定してみることです。ロゼッタストーンというのは、日本語を使用することを禁じて、覚えたいと思っている言葉にどっぷりと浸かりながら言語そのものを体得する、ダイナミック・イマージョンメソッドという学習方法を導入しています。英語をシャワーのように浴びる際には、着実に凝縮して聴き、判別できなかったパートを繰り返し音読して、次の回にはよく聴き取れるようにすることが大切なことです。ふつう英語には、多種類の有益な勉強法があるもので、リピーティング方式、シャドウイング方式、「聞いたことを書き出す」ディクテーションと、最近評判の海外ドラマや映画を利用した英語学習など、とめどなくあります。いわゆるTOEIC等のテストは、定期的開催なので、繰り返し受験することは難しかったのですが、CASEC(キャセック)という新しいテストはWEBを使ってしょっちゅう挑戦できる為、TOEIC試験の為の訓練としても最適です。