デンソー期間工の魅力!とにかく稼げる仕事内容は?寮環境はどう?解説します!

こんにちは。今日はデンソーの期間工についてです。
「デンソーの労働期間はどのくらいですか?」
「本当に稼げるの?」
「どれくらい大変なのか?」
こんな感じの質問を良く受けます。
会社の評判が気になるあなたへ。

今回は、私が実際にデンソーの社員になる前に知りたかった情報をまとめてみました。
メリットはたくさんありますが、入社前に「絶対に」知っておきたいデメリットもありました。
2年ぐらい働いていれば、400万ぐらいは簡単に貯められたと思います。
ただ、デンソーは寮の環境が悪いと評判です。
相部屋、古い、田舎すぎる。
しかも、部署によっては残業が多く、激務! (笑)。
トヨタのような車体メーカーと比べたら、体力的には同じと思ったほうがいいです。
結論から言うと、デンソーは期間工の御三家の一つみたいなものです。
初心者の方や女性の方にもオススメできます。
実際にデンソーで働いてみて、自分にはデンソーが合っていると感じた方は、以下のような方です。
・長く(1年以上)働いて稼ぎたい人。
・自動車部品メーカーで働きたい人。
・寮の環境は気にしない人。
・派遣社員から正社員になりたい人。
【デンソーで働くメリット】
日給(約1万円)、満了慰労金(3年で300万円以上)は本当に高いです。
自動車部品メーカーなので、車体メーカーのような肉体的負担がない。
女性を多く雇用している。
正社員数は業界トップ3に入っている。
世界的に有名な企業であり、将来性もある。
【デンソーの期間工の注意点】
実際にデンソーで働いてみて、自分にはデンソーが合っていると感じた方は、以下のようにデンソーをお勧めすることができます。
長く(1年以上)働いて稼ぎたい人。
自動車部品メーカーで働きたい人。
寮の環境は気にしない人。
派遣社員から正社員になりたい人。
2年11ヶ月働いて満了し、6ヶ月のブランクを経て再入社(リピート)する期間工がたくさんいました。
彼らは同じ部署に配属されます。
同じ部署なので、また稼げることが事前に分かっているのでしょう。
彼らは前職の知識を使うことができる。
デンソーは、トヨタや日産のライン作業とは違い、ガンガン肉体労働をするわけではない。
これも人気の理由です。
デンソーについて詳しく知りたい人は下のページもおすすめです。
デンソー期間工