オルニチン

皆さん、オルニチンという成分について知っていますか?
オルニチンは肝臓の機能をサポートする成分で、アルコールの分解にも効果があります。
例えば、二日酔いの朝にはアルコールを分解させるしじみ汁がいいとされていますよね。
オルニチンは、そのしじみに豊富に含まれています。
他にも、様々な健康効果を体にもたらす事から、非常に有効な成分であると言えます。
今回は、オルニチンの効果や副作用、摂取方法について紹介していきましょう。
オルニチンとは
オルニチンは遊離アミノ酸の1種で、主に肝臓で大きな効果を発揮します。
肝臓の代謝機能やアンモニアの解毒作用を持つため、主にアルコールの分解に役立っています。
肝臓の代謝や解毒作用をサポートするので、お酒を飲む時に特に効果を発揮し、二日酔いの予防に作用してくれます。
引用:きのこらぼ
アナタがお酒を飲み過ぎてしまった時、アルコールを分解しているのがオルニチンなんですね。
他にも脂肪の燃焼にも役立つ事から「燃焼系アミノ酸」と言われています。
また、オルニチンは元々「医薬品」に分類されており、海外でも肝機能障害を持った患者に使用されていました。
肝臓の病気を改善できる程、効果が強力という事なんですね。
しかし、近年の研究からその安全性においても太鼓判を押されるようになりました。
「医薬品」のような、強力な副作用を発生させる可能性が低い成分であると判断されたんですね。
日本では2002年から「健康食品」として分類され始めるようになりました。
高い安全性が確認され、日本では「2002年」に食品として使用することが許可されています。
引用:オルニチンサプリメントナビ