インジケーターってなあに?

FXを始めてみたはいいものの、どのタイミングで売買していいのかがさっぱり分かりません…。そのため、チャートやローソク足を日々眺めているだけになってしまっています。さすがにこれでは何も始まらないと思い、FXをされている方々はどのように判断して取引を行っているのか調べてみました。

そこで今回たどり着いたのは、インジケーターと呼ばれるものです。ダウンロードサイト

インジケーターとは、為替レートのデータを様々な計算で加工して、売買の判定に使用するものだそうです!そのインジケーターを活用することで、チャートが示す意味を分かりやすくする効果があるんだそうです!皆さん、こういうのを利用して取引されていたんですね。

さらに調べていくと、インジケーターには大きく分けてトレンド系をオシレーター系の2種類あるらしい。トレンド系インジケーターは値動きが比較的大きいトレンド相場、オシレーター系インジケーターは価格の変動が少ないレンジ相場にて用いるのが効果的なんだそうです。

また、初心者におすすめのインジケーターは、移動平均線・MACD・ボリンジャーバンドといったものがあるようです。移動平均線ならなんとなく聞いたことがあるな…。これらは一定期間の価格の平均値を示しているため、現在の価格がどのように動いているかを確認できます。時間をさかのぼって勉強していけば未来の予測が出来るようになるかもしれませんね…。

だんだん自分が取引をする姿が見えてきました…!まずは皆さんが良く使っているインジケーターを研究して、少しずつ取引を始めていこうと思います!