にきび痕を予防する方法について

にきびの症状が進むと、にきび痕が残る場合があります。にきび痕をつくりたくないなら、にきびができたらすぐに手当をすることです。そもそも、にきびができないようにすることが、にきび痕対策の要です。思春期はホルモンの分泌が盛んでにきびができやすく、にきび痕もできやすい時期ですので特に注意が必要です。適切な洗顔をして、お肌のコンディションを整えましょう。かといって過度の洗顔は皮膚に負担となり、にきびができやすい皮膚環境を作ってしまうことがあります。正しい洗い方で、肌に合う洗顔剤を利用することが大事になります。規則正しい生活をして眠る時間をしっかりとり、ストレスを貯めすぎないようにして、油分の多い食事は控えることも肌のためです。紫外線対策も、お肌のためには必須です。そして、にきびができてしまったら刺激しないよう、できるだけ清潔な状態を保ちます。にきびをつぶす人もいますが、そうなるとにきび痕になる可能性が一層高くなります。にきびのケアには、エッセンシャルオイルなども効果的です。熱いお湯にエッセンシャルオイルを一滴たらし、スチームバスの状態をつくって毛穴を開いて汚れの詰まりを解消したり、殺菌効果があるエッセンシャルオイルをにきびの場所につけてにきび痕にならないようにするというやり方です。
侍エンジニアは最悪で悪いの?